1. エフキュアシャンプー

エフキュアシャンプー

管理人の評価(平均:2.4点)
価格(税込) 3,456円
※定期購入の場合

フコイダンを配合した、頭皮と髪の保湿を重視したシャンプーです。独特のぬめりのある泡で、髪をねっとり洗う感じ。髪が長く、まとまりにくい人に良さそうなシャンプーでした。

 

洗浄成分 ⇒ 3

主な洗浄成分はPEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naで、これは刺激は少ないんですが、脱脂力の強いオレフィン(C14-16)スルホン酸Naや、合成界面活性剤であるラウレス-9、ラウレス-20、ラウレス-2が使われている点が気になります。ラウレス類は、ほんの少量みたいですけどね。

皮膚刺激を緩和するコカミドDEAも配合されているので、全体的には皮膚刺激が強いシャンプーではなさそう。個人的には、好んで使いたい製品とは思いませんでした。

 

泡立ち・泡切れの良さ ⇒ 3

泡立ちは良いです。粘り気の強い、糸を引く感じの泡が立ち、髪によく絡みつく感じで洗えます。泡切れは良いですが、髪にぬめり感が残ります。

 

香りの強さ ⇒ 3

配合された植物成分のものかな?と感じる香りがします。強い香りではありません。男女兼用で使えるような、中性的な香り。

 

頭皮のスッキリ感 ⇒ 1

すすぎ後、髪にも頭皮にもスッキリ感はなく、皮膜した感覚があります。

 

価格 ⇒ 2

正価は360mL入りで4,320円と高め。送料も800円かかります。定期購入すると3,456円と割安になり、送料も無料になります。定期コースは回数のしばりがないので、定期購入がお得です。

 

フコイダン配合の、粘りのあるシャンプー

エフキュアの「F」はフコイダンのFだそうで、シリーズの製品にはすべてフコイダン(褐藻エキス)が配合されているそうです。

フコイダンが髪と地肌の、傷んだ部分を修復することは確認されているそうで、ヘアケア品によく配合されるようになりましたね。

私もこれまで、フコイダン配合のヘアケア品は色々使ってきましたが、エフキュアのシャンプーは今回初めて使いました。

存在感のある、大きなボトル

ひと月分ってことなんですが、もっと長くもつと思います。私個人の感覚だと、3ヶ月はもちそうな。

 

液は白くてマーブル状の、粘りが強いタイプです。ポンプのワンプッシュでも、しっかり押すとけっこうな量が出ますね。

この液自体がヌルヌルしてます。海藻特有のぬめりを感じます。泡立てしてもそのまま、糸を引く感じのネチネチした泡が立ちます。

そのネチネチした泡で、髪と地肌を洗うんですが、この使用感は好き嫌いが激しいんじゃないかなーと思うんですよ。なんていうんだろ、昆布とかもずくとか、卵の白身なんかの粘りと似たような感じ。

これは主に、配合されているフコイダンの特性によるものだと思うんですが、申し訳ないけど私には苦手な質感でした。

 

粘りの強い泡で髪を覆って洗います。強い香りもしないし、洗ってる時はムチムチした感触で、髪に負担はかからなそう。

すすぎの時、泡切れ自体はいいんですが、ネチネチ感は地肌に残る感じ。すっきりした感覚にはなりませんでした。

 

エフキュアは、成分についても独特だなと感じます。

主な洗浄成分にはPEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naが使われていまして、これは硫酸と名前がついてますが、高級アルコール系とは違い皮膚に刺激は少ない成分なんですよね。

でも、同時に脱脂力が強い成分や、合成界面活性剤成分も配合され、さらに皮膚刺激を和らげる成分も使われています。

リンスインシャンプーなどに使われる、柔軟効果のあるポリクオタニウム-10やパラペン数種類も配合されています。

それら刺激が強いと思われる成分と、地肌を保湿してくれそうな植物成分も30種類以上入ってて、結局地肌にいいのかよくないのか、わからないという。

 

総合的に見ると刺激は特に強くないんでしょうけど、個人的にはもっとシンプルな成分のものの方が好きだなという印象。

独特の粘りのある泡が好きな人もいそうだし、使用感や仕上がりは、本当に好みによると思います。洗い上がりも本当に独特なんですよ。

ジメチコンの働きで被膜するので、ツヤが出るし手触りも良くなります。でも頭皮ケアシャンプーとしては、使い心地は好きではありませんでした。

エフキュアシャンプーは、髪の質感が重くなるので、髪を長く伸ばしていて、水分量が少なくまとまらない人には良さそうと感じるシャンプーでした。

エフキュアシャンプーの公式ページはこちら

 

こちらもどうぞ

プリモディーネ プレミアムACシャンプー

柑橘エキスやビタミンC誘導体、自然由来の保湿成分を多く配合した頭皮ケアシャンプーです。現状傷んでいる髪を修復するのではなく、これから美しい頭皮と髪を保ちたい人向けです。

 


このページの先頭へ戻る