女性のスカルプケアシャンプー

 
 

使ったスカルプケアシャンプーをグラフで比較しました

女性むけのスカルプケアシャンプーを、実際に買って使い、その感想を紹介しています。管理人が重視する次の項目について、5点満点で採点し、比較しています。

紹介しているそれぞれの製品についての詳細は、管理人が購入した時点のものです。参考になれば幸いですが、購入される場合には、必ず公式サイトで現在の詳細を確認してくださるようお願いします。

  • 洗浄成分 (洗浄力・脱脂力が強すぎたり弱すぎたりしないか)
  • 泡立ち・泡切れ (簡単に泡立ち、簡単に流せるかどうか)
  • 香りの強さ (人工的な香りが強くしないか)
  • 頭皮のスッキリ感 (頭皮から汚れが落ち、ヌルつきも残らないか)
  • 価格 (ひと月使って、いくらになるか)

 

スカルプケアシャンプーの一覧

ミルズ 薬用エイジングケアシャンプー

ミルズのエイジングケアシャンプーは、配合されたオイルの働きで頭皮をクレンジング、さらに皮脂の分泌バランスを整えてくれます。産前産後のデリケートな頭皮にもおすすめ。

モーガンズヘアシャンプー

モーガンズのリッチ&フローラルシャンプーはオリエンタルで癒される香り。アミノ酸シャンプーながら適度な洗浄力で頭皮がスッキリします。

haru 黒髪スカルプ・プロ

スキンケアとヘアケア品を作っているharuから発売されている、白髪を予防するというシャンプー。スカルプケアの方法は白髪も薄毛も同じなので、両方に効果が期待できるかも。コンディショナーいらずで髪も艶やかに洗えます。

凜恋(りんれん)

ノンシリコンシャンプーの中でも、特に自然派として人気が高い凜恋(リンレン)。ハリ・コシが出る「柚子と生姜」を使ってみました。爽やかな香りや洗い心地、手頃な価格で、家族で使っても良さそう。スカルプケア、ツヤ・潤いと洗い上がりによって選べます。

ルメント スパークリングオイルクレンジング&シャンプー

高濃度炭酸とオイル配合の濃密な泡で、頭皮をクレンジングできるシャンプー。泡で出てくるので手軽なうえ、通常の泡立てでは入り込めない隙間の汚れもとってくれます。3日に1度のスペシャルケアに。

髪萌(はつもえ)薬用シャンプー

地肌ケアのため、皮脂の洗浄と栄養補給を考えられたシャンプーです。植物エキスが多く使われていたり、香りも漢方っぽく上品。乾かした後はボリュームが出ます。

髪美力 薬用スカルプシャンプー

佐藤製薬から発売されている、女性の育毛シリーズが髪美力。シャンプーとコンディショナー、育毛剤があります。シャンプーはサラっとした液で、細かい泡が出来るタイプ。地肌が乾燥する人におすすめ。

ケフトル アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダを元にした、植物など自然由来原料を配合したスカルプケアシャンプーです。活性石ベントナイトが汚れを吸着し、ホホバ種子油などが髪を保護します。

ロレアルエルセーブ クレンジングクリーム

人気ブランドロレアルから発売されている、話題の泡なしヘアクレンジング。髪と頭皮をクリームでクレンジングし、コンディショナー・トリートメントと1つで3つの働きをします。髪のコンディションは良くなる気がしますが、スカルプケアとしてはあまり・・・。

ボタニスト ボタニカルスカルプシャンプー

ドラッグストアやスーパー、バラエティストアでたくさん販売されている人気シャンプー。スムース、モイスト、スカルプと3種類あります。スカルプケアするなら、スカルプがオススメ。泡立てしやすく、すすぎやすく、アミノ酸系シャンプーの中では珍しい、シャッキリと洗い上がる感じ。安価なのも魅力です。

アデノバイタルシャンプー

サロン専売品の資生堂プロフェッショナルから発売されている、スカルプケアシリーズのシャンプーです。脱脂力が強めで、皮脂が多い人むき。泡立ちも泡切れもよく、スッキリしますが、乾燥しがちな人にはちょっと強すぎるかも。

POLA グローイングショット グラマラスケア シャンプー

POLAのエイジングヘアケアシリーズ、グローイングショットの「グラマラスケアシャンプー」。スカルプケアというより、美髪のためのケアシャンプーでした。現状頭皮に問題がなく、豊かな黒髪を保ちたい人に。

エフキュアシャンプー

頭皮の保湿に注目し、たくさんの保湿成分を配合してエフキュアシャンプー。褐藻エキス(フコイダン)の働きで、独特の粘りのある泡が立ちます。使用感には好き嫌いがあるかな、という印象でした。

プリモディーネ プレミアムACシャンプー

柑橘エキスやビタミンC誘導体、自然由来の保湿成分を多く配合したスカルプケアシャンプーです。現状傷んでいる髪を修復するのではなく、これから美しい頭皮と髪を保ちたい人向けです。

壱岐のたから うるみスカルプシャンプー

フコイダンをはじめ、昆布エキスのさまざまな働きを活かしたシャンプー。頭皮に全く刺激を与えず、コンディショナーも不要なので特に肌が敏感な人におすすめ。洗い上がりはスッキリします。

きのね

草根木皮たまりを使った、和漢エキス配合のシャンプー。むくむくの泡でしっかり洗えます。頭皮の常在菌を有効活用し、頭皮環境を整えるシャンプー。

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

富士フイルムのアスタリフトシリーズから発売されている、スカルプケアシャンプー。同シリーズのコンディショナー・頭皮エッセンスと一緒に使うことで、頭皮と髪のコンディションを良くして美髪を守ります。

ドルチボーレアマンナシャンプー

ベビー用のシャンプーやボディソープを作っている、ドルチボーレのママ用シャンプー。優しい洗浄成分と、保湿効果の高い成分で作られています。頭皮が乾燥するタイプの人に。

オルビス アユルラディエンスパ

オルビスの期間限定シリーズから出ている、植物オイルとオリエンタルハーブを配合した炭酸泡の頭皮クレンジングシャンプーです。スキッとした爽快感はありませんが、定期的なスカルプケアによさそう。

 

当サイトで女性向けのスカルプケアシャンプーを比較した項目の詳細

このサイトで紹介しているシャンプーは、基本的に女性むけで、スカルプケアできるものを選んでいます。評価は以下の基準により、管理人の主観でつけています。

あくまでも個人の感想であり、効果を保証するものではない、という点をご理解ください。

評価の基準1:洗浄成分

洗浄成分として配合されている物質について評価しています。皮膚に対して刺激が強くないか、気泡性は高いか、脱脂力は適度か、抗炎症作用・刺激を中和する力はあるか、など。 スカルプケアという観点から、アミノ酸系・ベタイン系の洗浄成分が多く見られますが、シャンプーとして役に立たないほど洗浄力が弱いと感じれば、低く採点しています。

評価の基準2:泡立ち、泡切れ

泡立てるのが難しくないか、立てた泡がすぐにヘタれて消えてしまわないかについて採点しています。また、泡切れはシャワーで流しただけで流れるかどうかで評価しています。 泡立てにコツが必要で時間がかかったり、地肌を洗っている内に消えてしまう場合は低く、簡単に泡立って髪と地肌の摩擦を和らげてくれると感じれば高く採点しています。

評価の基準3:香りの強さ

人工的な香りが強くないか、シャンプー後まで残らないかどうかを採点しています。洗っている時の香りは強くても、すすいだ後まで残らなければ標準的として3をつけています。 また、アロマや植物エキスなどの香りがそのまま感じられるものは、強めであっても減点はしていません。

評価の基準4:頭皮のスッキリ感

スカルプケア目的なので、洗い上がりにヌルつきや汚れが残っている感覚があれば減点しています。乾燥を感じるほど脱脂力が強くても、減点しています。 汚れは落ち、ぬめりが残らず、頭皮が突っ張る感じもなければ標準的として、3にしています。

評価の基準5:価格

ひと月換算でいくらになるかで評価しています。通販限定品などの場合、送料があればそれも加えて採点します。 ひと月分が3千円前後なら、標準的で3としています。

 

スカルプケアシャンプーで薄毛予防しています

肌と髪の質感は、見た目を左右する大事なもの。印象を左右しますから、肌と同様に、髪の若々しさを保ちたいと願う女性は増えています。

髪が傷み、細くなってボリュームを失う理由は、年代とともに頭皮の健康が衰えるため。

男性と違い、女性は頭皮のケアを丁寧にしておくことで、髪のボリュームや質感を保つことが可能です。

 

髪のダメージはもちろん、抜け毛やかゆみ、フケ、脂の臭いなどなど、頭皮のケアで改善出来る悩みは、たくさんあります。

育毛剤やサプリメントも良いですが、実は毎日使うシャンプー選びが重要。強すぎる洗浄力や、不必要な添加物が入ったものを避け、頭皮の健康状態を保てるものを使うのが改善のポイントです。

その点に着目した、スカルプケアシャンプーもたくさんの種類が出ています。

ミルズの商品画像

 

実はフツーのシャンプー、なんてものも

中にはスカルプケアシャンプーとは名ばかりで、実は従来のシャンプーとなんら変わりないものも。

スカルプケアシャンプーは、大量生産できる添加物たくさんのシャンプーより値段が高いものが多いものです。

そのつもりで買ったのに、実は添加物たっぷりのシャンプーと同じだったら、残念ですよね。

そんなことにならないように、スカルプケアをするために必要な成分がちゃんと入っている製品を探したいものです。

モーガンズの商品画像

 

原因を知り、正しい対策を

シャンプーは良いものでも、トリートメントが地肌にダメージを与えている、なんてこともあります。界面活性剤がたくさん使われていたりね。

洗い流さないタイプのトリートメントを、地肌にすりこんでる、なんてことが原因になってたりも。正しい対策で、地肌の健康を保てるようにしておきたいものです。

 

ここでは、使ってみたシャンプーの成分や洗い上がり、スカルプケア品としてどう感じたかなどを紹介しています。

洗浄成分や洗い上がり、香りには好き嫌いがありますから、実際にひとつを選べるまでには時間がかかりますが、同じようにシャンプー選びに悩んでいる人に読んでほしいと思います。

あくまでも個人の感想ですが、参考になるといいなと思っています。

 


このページの先頭へ戻る